レーザー脱毛の基礎知識

バナー

レーザー脱毛の基礎知識

日本のレーザー脱毛では、アレキサンドライトレーザーが一番多く使われており、クリニックでも、この1機種のみを使用しているところが多いとか。

このレーザー脱毛機はメラニン色素の多い日本人の肌にも対応できるもので、1996年にアメリカのフルモント氏によって開発されたものです。
もともとは、レーザー光線を使ったシミやアザの治療をする課程で、眉毛が生えてこないことを偶然に発見したことから、レーザー脱毛機の研究が始まりました。

その後、半導体を使ったダイオードレーザーが登場しました。
冷却装置がついているため痛みが少なく、火傷も起きにくいのが特徴です。

うぶ毛のような、細くて柔らかい毛の脱毛にも適しています。



他には、日本人よりもさらにメラニン色素の多い黒人やヒスパニック系のために開発されたヤグレーザーや、レーザーの出るスピードが速く、広範囲を一気に脱毛できるものもあります。

個人の肌色や毛質に合わせて、それぞれに合った機械を使い分けた方が確実に処理できますが、レーザー脱毛機というのはとても高価なので、そう簡単にいくつも買えない、という事情もあるようです。

なぜレーザーをあてると毛が生えなくなるのか。



黒いメラニン色素に反応するレーザー光を皮膚に照射すると、毛根部分だけが反応して、発熱、破壊されます。

まわりの皮膚を傷つけずに、脱毛を行う事ができるわけです。

このことは、火傷をする危険性もある、ということです。レーザー脱毛後に肌トラブルがあつたら、すぐ皮膚科へ相談することです。





Copyright (C) 2014 レーザー脱毛の基礎知識 All Rights Reserved.