レーザー脱毛で毛が生えなくなる仕組み

バナー

レーザー脱毛で毛が生えなくなる仕組み

なぜ、レーザー脱毛で毛が生えなくなるのか。


その仕組みと、施術を受ける前の注意点も紹介します。


プリズムに当てると七色の波長を発する太陽光と違い、レーザー光は単一の波長しか持っていません。

だから、特定の色にだけ、反射させることができます。

この特質を利用したのがレーザー脱毛です。黒いメラニン色素に反応するレーザー光を皮膚に照射すると、毛根部分だけが反応して、発熱、破壊されます。


まわりの皮膚を傷つけずに、脱毛を行うことができるわけです。

レーザー脱毛を受ける前後は、日焼けを避けてください。


レーザー光は黒いメラニン色素に反応します。
ですから、日焼けしたお肌に照射してしまうと、光がメラニン色素に反応し、火傷をしてしまう可能性があります。



目安としては、レーザー脱毛を受ける3か月前から、脱毛後も、赤みが引くまでは、紫外線に注意してください。脱毛後には、たっぷり保湿をして、肌をいたわりましょう。

レーザー光が反応するのは毛根だけですが、熱エネルギーは周辺の皮膚にも伝わるので、施術中は軽い熱や痛みを感じたり、施術後は肌の保湿能力が一時的に低下するからです。



また、皮膚が乾燥していると、痛みを感じやすく、脱毛の効果が出にくい、ということもあります。


次回の脱毛のためにも、保湿はとても重要です。


レーザー脱毛に使われるレーザー光は、体内に影響するものではないので、基本的には生理中や妊娠中でも大丈夫です。



ただ、心身ともにデリケートな時期は、刺激は避けた方がいいと思います。



Copyright (C) 2014 レーザー脱毛で毛が生えなくなる仕組み All Rights Reserved.